おまとめローンを利用したあとに他社借入はできる?おまとめローンの注意点を紹介

「おまとめローンを検討しているけど、そのあと他の金融機関から借入ができるの?」「おまとめローンについてほとんど知識がなくて利用することが不安」と思っている人はいませんか。カードローンについて基本的な知識を持っていても、おまとめローンの細かいルールやリスク、専門的な情報については知見がない人もいるのではないでしょうか。そこで、今回はカードローン初心者でもわかるように、おまとめローンについて詳しく紹介します。

おまとめローンは追加融資を受けることができないのが基本

おまとめローンとは、銀行や消費者金融など金融機関から借入したお金を借り換えによって一本化する方法のことです。例えば、A銀行から100万円、B銀行から200万円借りているとします。このままであれば毎月両方の銀行に返済する必要があります。そこで、C銀行が提供しているおまとめローンのサービスを利用して、300万円を借りてA銀行とB銀行の借入を返済するとします。そうすれば、返済日をまとめることができるので、月々の返済回数を減らせますし、A銀行とB銀行の金利よりも金利が安いC銀行のおまとめローンの利用ができると支払総額が減り、返済の負担を減らすことができるのです。

しかし、おまとめローンをしている金融機関からの追加の借入は基本的にできません。したがって、おまとめローンを利用するときは、将来追加で借入する必要があるのかないのかを考えておきましょう。ちなみに、おまとめ専用ローンの借入によって完済したカードローンのカードを解約していなければ利用限度額はリセットされているはずですので、新たにカードローンを組める可能性があります。

おまとめローンを利用しても他社借入ができる?

「おまとめローンを利用している会社からは追加の借入ができなくても、他の金融機関から借入はできるのではないか?」と思えますが、結論からいうと、おまとめローン利用中の他の金融機関からの借入はできる場合とできない場合があります。おまとめローンは返済をまとめることで、借入額の全額の返済に向けて利用することが目的なので、基本的にはおまとめローンを利用していても他の金融機関に借入を申し込むことはできます。将来まとまったお金は必要ないと判断しおまとめローンを利用したとしても、おまとめローンの返済中にさらに借入が必要となったときは他の金融機関に借入の申し込みをすればよいでしょう。

しかし、年収の3分の1を超える貸付が原則禁止という総量規制というルールにより、借入総額が年収の3分の1を超えている場合は、新たな借入は難しくなります。したがって、他の金融機関から借入をする場合は、ローンが年収の3分の1以下まで返済したあとの申し込みとなります。ただし、おまとめローンの借入後に他の金融機関からの借入した金額はおまとめローンに追加することができないのが基本なので、他の金融機関から新たな借入をしてしまうと返済先が複数になってしまい、結局はおまとめローンを利用する前の複数の金融機関に返済する状態に戻ることになります。また、他の金融機関からの借入によって借入総額が増え、返済の負担が大きくなるので、なるべく他の金融機関からの借入は控える方がいいでしょう。

新規でローン利用をすると契約違反になることも!

おまとめローンを利用する金融機関によって、新規での借入ができるかが決まります。おまとめローンを利用している金融機関から追加で借入することは基本的にできませんが、一般的にはカードローンを利用して借入を追加することはできます。しかし、おまとめローンのサービスを提供している金融機関の中には、他の金融機関からの借入を禁止しているところもあります。この場合、おまとめローンの規約に他の金融機関からの借入禁止と記載されていれば、新規で借入れることは契約違反となります。

もし、契約違反となる借入をした場合、おまとめローンの借入残高の一括返済を迫られる可能性もあります。そのため、おまとめローンを利用する前に、新規で他の金融機関からの借入ができるのかどうか規約を確認しておきましょう。規約に禁止事項の記載がなければ、新規の借入ができます。ただし、借入を繰り返すようになると、借金を返済する生活から抜け出すことができません。

また、借入を重ねることで、おまとめローンの返済に集中することができなくなり、返済意識が薄れてしまいます。他の金融機関からの借入に対して抵抗がなくなれば借りている金額が膨らむばかりなので、注意が必要です。

おまとめローンのあとの意外な落とし穴とは?

「おまとめローンを利用したあとに気をつけなければならないことってあるの?」と思われている人もいるかもしれません。おまとめローンは便利ですが、実は、おまとめローンを利用したあとにはまりやすい意外な落とし穴が3つあります。

1つ目は、おまとめローンを利用すると、金融期間からの信用が上がることがあります。借入総額が同じでも、借入残高は少ないが借入件数は多い人より借入残高は多いが借入件数は少ない人の方が、返済能力があると判断される可能性があるからです。金融機関の信用が上がると新たな借入ができるようになってしまい、借入が増える可能性が高まります。

2つ目は、おまとめローン利用者が優良顧客と判断され、借入の増額を提案される可能性があります。

最後に、おまとめローンにより完済したカードローンのカードをそのまま持っていれば、ふとしたときに借りてしまいたくなるケースも考えられます。

このように意外な落とし穴には、気を引き締めなければならないのです。

おまとめローンのあとに注意すべきこととは?

おまとめローンを利用したあとは、新たに借金を作らないように気を付ける必要があります。おまとめローンを利用することで、返済がひとつになり、借入が減ったと勘違いしてしまいがちです。返済がひとつになることで、借入しているという感覚が薄れてしまい、気持ちに余裕が生まれ新たな借入をしてしまう可能性があります。したがって、おまとめローンをした直後は特に、追加の借入をしないように注意しなければなりません。

返済に余裕が生まれると新たな借入への抵抗も薄れてしまうので、完済したカードローンのカードが有効な状態であれば、さらに借入をすることが充分考えられます。おまとめローンによりカードローンの利用限度額の枠が空くので、簡単に借りることができるからです。借入を増やさないためには、簡単にお金を借りることができないように、完済したカードローンの解約と、「追加でお金を借りない」という強い意志を持つことが重要です。

総量規制が該当しない場合もある?

おまとめローンを利用するときは、さらなる借入を増やさないように気を付けなければなりませんが、借入が増えてしまう理由の1つに総量規制が関わっているものがあります。基本的には、総量規制により年収の3分の1までしか借入をすることはできませんが、ある条件を満たせば年収の3分の1以上の融資を受けることができるのです。総量規制は貸金業法で定められているもので、消費者金融や信販会社などの貸金業者と言われている業者に該当する法律です。しかし、一般人がお金を借りることができるのは、消費者金融などの貸金業者だけではなく銀行も含まれます。

なお、銀行からの借入は総量規制の対象にはならないため、年収の3分の1以上の借入があったとしても、その中に銀行ローンが含まれていれば、その分は総量規制に該当することなく、借入ができるかもしれないということです。銀行ローンを差し引いた借入残高が年収の3分の1を下回っていれば、追加の借入ができるため、借入額が増えてしまうことも充分考えられます。したがって、「総量規制があるから追加で借りられないだろう」と油断していると、いつの間にかお金を借りてしまっているという状況があるかもしれないということです。

クレジットの利用を抑えて借金増加対策!

借入を増やさない取り組みの1つに、クレジットカードの使用を控えることも有効です。クレジットカードのショッピング枠利用は、お金を借りているわけではなく立て替えてもらっているだけなので借入とは異なります。しかし、手元にないお金を使って買い物をし翌月に請求される形は借入と同じ流れですので、名称は異なりますがクレジットカードのショッピング枠の利用は借入していることと同じだと考えましょう。おまとめローンにより月々の負担が減る場合には、借金の返済は楽になり、クレジットカードの請求が増えても大丈夫と捉えショッピング枠の利用が増えてしまうこともあるので、返済の負担が減っても気を緩めないようにしましょう。

また、クレジットカードにキャッシング枠を付帯させている人は、キャッシングを利用しないようにしましょう。キャッシングはショッピング枠とは別に請求されるため、おまとめローンで返済の負担を減らした意味がなくなってしまいます。ショッピング枠の利用はお金を借りているわけではありませんが、キャッシングは借入です。キャッシングは金融機関などから追加の借入を受けるよりもハードルが低いため、クレジットカードにキャッシング機能がついているのであれば、すぐに解除して利用できないようにしておくとよいでしょう。

クレジットカードの所持は必要最低限に!

おまとめローンを利用したあとは、借入の増額を防ぐためにクレジットカードの利用は極力避けた方がよいです。しかし、支払い条件がクレジットカードのみの場合などもあるはずですので、クレジットカードを1枚も持たないというのは現実的ではありません。クレジットカードには、ポイントサービスや電子マネー機能が備わっているものもあり、利用すべきときは利用するのが現実的です。なるべくクレジットカードの利用を減らすには、必要最低限のカードだけ残し、不必要なカードは全て解約してみてはいかがでしょうか。また、残すカードのキャッシング枠は解約しておいた方がよいでしょう。それだけで借金を減らすことができるはずです。

クレジットカードには、ショッピング枠がそれぞれ設けられており、1枚で一定期間内に買い物できる上限が決まっているのですが、複数枚カードを所有しておくと、利用できるショッピング枠が何倍にも増えるので、請求額が何倍にも増える可能性が高いのです。もし、クレジットカードを複数枚残したいのであれば、ショッピング枠の限度額を下げるか、デビットカードの利用に切り替えるようにしましょう。デビットカードは立て替え機能ではなく、その場で登録口座から引き落としされるため、口座に入っているお金以上に使ってしまうことがありません。また、クレジットカードのような感覚で店舗などでも利用することができるので、現金の支払いに慣れていない人でも違和感はないはずです。

おまとめローンのあとは他社借入を控えることが重要

おまとめローンは返済が1つにまとまるので、とてもありがたいサービスなのですが、利用したあとに注意しなければならないことがあります。借入が減っているわけではないにもかかわらず、借入が減っているという錯覚を受け、気が付いたらさらに借りているという状況に陥ることも考えられるのです。もし、おまとめローンをおこなったあとに、他の金融機関から借入をするのであれば、必要な分だけに抑えるようにしましょう。また、おまとめローン後の追加の借入を避けることが、おまとめローンをおこなう際のポイントです。

監修者プロフィール : 杉浦 詔子

杉浦 詔子
  • ファイナンシャルプランナー・産業カウンセラー・キャリアコンサルタント
  • 働く人たち(会社員・公務員・派遣社員・契約社員・アルバイト、働く人の配偶者、育児介護休職者、退職者、等)の夢や目標をかたちにするため、ライフプラン(家計)とキャリアプラン(生活)を中心に、相談(カウンセリング・プランニング)と講義(セミナー)と執筆(ライティング)をおこなっています。
最新版カードローン人気総合ランキング

その他カードローン関連コラム

最新版カードローン人気総合ランキング

人気の特集
今日借りたい方必見!即日融資のカードローン
収入証明書不要のカードローン
家族や会社に内緒で借りたい!バレずに借りるカードローン
低金利&安心!銀行系カードローン
パート・アルバイト・派遣の方でも安心のカードローン
疑問&不安を解消!働く主婦向けカードローン
その他の特集
休日に借りられる
消費者金融系カードローン
無利息期間サービス有り
低金利のカードローン
お役立ち情報
カードローンのキホンを教えます!カードローン初めてガイド
早く借りれるノウハウを伝授!借入までの流れ
知っておけばもっと安心!よくある質問
カードローン関連コラム
マイナビニュースが選ぶカードローン人気総合ランキング