おまとめローンにはデメリットがあるの?利用する前に知っておきたいメリット・デメリット

借金の返済に苦しんでいる人のための便利なサービスとして、おまとめローンがあります。うまく活用すれば、借金の負担を軽減し、余裕を持って返済できるようになる方法です。しかし、おまとめローンはメリットばかりではなくデメリットもあるため、どのようなデメリットが存在するのか事前に理解してから利用を検討することが大切です。そこで、おまとめローンのメリットやデメリット、ほかのローンとの違いなどを解説します。

おまとめ専用ローンの特徴や利用条件について

おまとめローンはおまとめ専用ローンとも呼ばれ、複数の返済をまとめることのできるローンです。お金に困っている人は、いくつかのカードローンを利用してお金を借りることがあります。この場合、それぞれ個別にカードローンの返済をしていくのですが、それにはさまざまなリスクがあるのです。おまとめローンを利用すれば複数のローンを1つのローンにまとめることができ、いろいろなメリットが生まれます。最も大きなメリットは、返済を一本化することにより、返済の手間を省くことができ、返済時の負担を軽減できる点です。

ただし、おまとめローンを利用するためには審査の通過が必要です。おまとめローンでは、自分の利用する複数のローンの借入残高の合計金額を一度に借りることになります。そのため、カードローン会社はリスクを避けるために審査によって返済能力を確認します。そこでは、収入や勤続年数、信用情報の照会などがおこなわれ、問題がないと判断されるとおまとめローンを利用できます。このとき、利用しているカードローンなどの返済残高の返済はすべておまとめローンの会社がおこないます。したがって、実際におまとめローンでお金を借りるといっても、お金が振り込まれることはありません。一旦お金を借りて自分で個別に返済することは基本的にできません。あくまでもローンの返済を一本化することに特化したものがおまとめローンです。

おまとめローンのメリット1:返済額や返済の負担が減る

おまとめローンの利用により、個別に返済していたときよりも利息が減ることは少なくありません。たとえば、金利18%の条件で3社からお金を借りているときに、おまとめローンを金利15%の条件で借りられるならば、利息はかなり軽減されるでしょう。そのまま複数のローンの返済をする場合とおまとめローンを利用する場合で、利息の総額について計算してみると、どちらがお得なのか分かります。金利が下がることで毎月の返済額を減らせます。そうなれば毎月の返済は余裕が出てくるでしょう。また、それぞれの金融機関は、毎月の最小返済額を定めていることが多いです。現在利用している業者の最小返済額の合計よりも、おまとめローンの最小返済額の方が低いのであれば、ここでも返済に余裕が出てきます。

さらに、これまでバラバラだった返済日を統一することもできます。ローンの返済日は業者によって10日や15日、20日などバラバラです。おまとめローンであれば、返済日が毎月特定の1日だけになるため、その日までに返済額分のお金を口座に入れておけばOKです。返済日がまとまっていないと、残高不足で滞納するリスクが高まるでしょう。ローンの返済を滞納してしまうと、信用情報機関に記録が残る可能性があります。おまとめローンであれば、そのリスクを抑えることが可能です。返済日が特定の1日だけであれば、返済プランも考えやすくなるでしょう。

各カードローン会社のおまとめローンの返済日は異なっているため、自分に都合の良い返済日を設定しているカードローン会社を選べば良いのです。

おまとめローンのメリット2:多重債務状態から抜け出せる

借入状況にもよるのですが、複数の金融機関からお金を借りている状態のことを多重債務と呼びます。多重債務はそれだけではすぐに問題があるとみなされるわけではありません。多重債務という記録がすぐにブラックリストに載るわけでもなければ、ただちに危機的な状況に陥ることもないのです。ただし、多重債務者は返済に苦しんでいることが多く、滞納してしまえばその情報は信用情報機関のブラックリストに記録されるでしょう。また、各金融機関は信用情報機関に情報の照会ができるため、そこで個人の借入状況がわかります。多重債務者は、これから金融機関を利用する際には、複数の債務を抱えていることが知られてしまうでしょう。そのために新しいローンやクレジットカードなどの審査に影響が出ることもあります。多重債務している事実が信用を失わせてしまう原因となるのです。

多重債務の状態は、それだけでストレスになることが多いです。たとえば、毎月それぞれの会社から請求の通知が届くのは大きなプレッシャーとなります。次々とお金が引き落とされていくのは、精神的に疲れてしまうでしょう。また、多重債務している事実は世間的にもイメージが良くないため、後ろめたさを感じる方も少なくありません。

おまとめローンを利用すれば、1つの金融機関からの借入となり、多重債務の状態から抜け出せます。複数のローンを抱えているよりも通知や連絡の機会が減り、周りに借金をしている事実が知られる可能性は減るでしょう。お金が引き落とされる日も特定の1日のみとなり、多重債務の状態よりも心理的な負担が減ります。また、最終的に完済する月が明確となりゴールが分かりやすくなるメリットもあります。おまとめローンによって、借金返済までの過程が明確になるため、返済のためのモチベーションを上げられるでしょう。

おまとめローンのデメリット1:金利が高い

おまとめ専用ローンはたくさんのカードローン会社から提供されているのですが、中には通常のローンよりも金利を高く設定しているところもあります。少し金利が高くなる程度ですが、それでも支払う利息の総額は増えるでしょう。また、仮にカードローンなどの借金を一本化することに成功して月々の返済を抑えられたとしても、その分返済期間は長くなります。支払う利息の総額は、金利の高さに比例するだけではなく、返済期間にも比例するのです。返済期間が長いとその期間の分だけ金利がかかり、利息の支払総額も増えます。そうなると、月々の返済の負担が抑えられても、あまり意味がないと思う人がいるかもしれません。

おまとめローンの金利については、事前に確認できるため、よく検討してから申し込みましょう。また、月々の返済額については、後から変更したり繰り上げ返済したりすることができる場合が多いです。最小返済額が設定されていることが多いですが、それを超える分の返済については、自由に設定できます。余裕のあるときに返済額を増やすことで早く完済できれば、返済期間を短くでき、支払う利息の総額を抑えられるでしょう。

おまとめローンのデメリット2:追加で借入できない

おまとめ専用ローンは、その名の通り複数の返済をまとめることに特化したサービスです。したがって、基本的に追加融資には対応しておらず、もしお金が必要になったならば、別の会社から新しい融資を受けなければいけません。急な出費のために別のところから借金をすると、おまとめローンを利用した意味がなくなります。このことを踏まえた上でおまとめローンの利用を考えましょう。通常のカードローンの場合は、限度額が設定されていて、その範囲内であればいつでも追加融資ができます。しかし、おまとめローンには借入限度額という概念はないのです。

おまとめローンのデメリットを回避する方法とは?

おまとめローンを利用すれば、月々の返済額を抑えられます。しかし、その結果返済総額が高くなってしまっては意味がありません。それぞれのカードローン会社のおまとめローンを利用した場合に、最終的な返済額がいくらになるのか計算して比較しましょう。また、おまとめローンの中には低金利のサービスも存在するので探してみましょう。今よりも低金利でお金を借りられれば、返済総額を減らすことが可能です。

おまとめローンを利用した後は、余裕があれば繰り上げ返済をおこないましょう。繰り上げ返済を利用できるサービスは多く、毎月の決まった返済額に加えて多めの金額を返済することで、返済期間を短くできます。そうすれば、最終的に支払う利息を抑えられるのです。たとえば、ボーナスをもらった月には多めに返済するのが有効な方法です。

また、おまとめローンに必ずしもこだわる必要はなく、一般のカードローンでも金利を抑えられるものがあります。多重債務の状態でもカードローンを借りられるのであれば、そちらを利用した方が追加融資もできるため便利です。その方がおまとめローンよりも金利を安くできる可能性があります。ただし、多重債務者は普通のカードローンの審査に通らないこともあります。どうしても、一般のカードローンの利用が難しいならば、おまとめローンを検討してみましょう。

デメリットがあったとしても一本化した方がいいケース

金利が高くなったり返済総額が増えたりしても、おまとめローンで一本化した方がいいケースはあります。たとえば、借入先が複数あり、それぞれの返済日がバラバラな場合です。特に3社以上から借入している場合には、返済日の把握が困難になります。どれだけ気をつけていてもミスが起きる可能性はあるのです。返済日を勘違いしてしまい、返済遅延が起きてしまうと大変でしょう。また、お金を借りたときから状況が変わっているケースがあります。たとえば、転職をして給料日が変わってしまい、今の返済日のスケジュールでは返済が苦しくなることがあります。このような場合はおまとめローンを利用した方がいいでしょう。

また、返済総額が収入に対して無理な金額になっているケースがあります。たとえば、多重債務のどれもが高金利のカードローンである場合は、金利がかなり膨らんでしまうことがあり、毎月の返済だけでは元金が全然減らないことがあります。返済総額に無理があると、遅延や延滞が起きやすくなってしまうリスクがあります。そうなるとブラックリストに記録が残ってしまい、金融機関からの信用がなくなってしまうでしょう。現在の借入の金利が高いならば、おまとめローンで1つにまとめることで金利が低くなる可能性があります。

返済が遅れたときに生じるリスクとは?

基本的に毎月の返済を1日でも遅れてしまうと、信用情報機関に遅延の記録が残ると考えましょう。信用情報機関には金融機関との取引の際に生じたトラブルが記録されていくのです。その情報は金融機関が自由に照会することができるため、隠すことはできません。特にローンの返済の遅延や滞納のようなマイナスの記録がつくことをブラックリストと呼びます。ブラックリストに載ってしまうと、クレジットカードやカードローンなど、新規契約の審査時に不利になるでしょう。また、携帯電話の分割購入をするのもローンの一種であり、ブラックリストに載っていると審査に通らない可能性もあります。ほかにも、住宅ローンや車のローンなどあらゆるローンの審査に影響を与えます。ブラックリストに載っている結果、現在使っているクレジットカードが使用不能になることもあります。

また、ブラックリストに載っていることで賃貸物件の利用に影響を与えるケースがあります。最近は賃貸物件の審査の際に信用情報機関の情報を用いるところが増えているのです。普通の不動産会社が信用情報機関に問い合わせることはありません。しかし、保証会社を利用している物件だと、審査の際に信用情報機関のチェックがおこなわれることがあります。これは、保証会社がクレジットカードなどの信販系の会社であり、信用情報を照会することができるためです。また、賃貸物件を利用するために指定されたクレジットカードを作ることを求められるケースもあります。そうなると、ブラックリストに載っている人は審査に不利なため、結果的に賃貸物件を借りられないのです。

ブラックリストに登録される情報は永久に残るわけではありません。しかし、遅延や滞納といった記録は、1年または5年記録されます。そのため、一度ブラックリストになると、なかなかそこから抜け出すことができなくなります。借金の延滞や滞納は絶対にしてはいけないと考え、もし返済が苦しいならば、おまとめローンを利用して返済の負担をできる限り減らすとよいでしょう。

おまとめローンの利用はメリット・デメリットを理解してからおこなおう

おまとめローンは複数の債務を1つにまとめて、金利を減らすことができ、返済日を統一できるというメリットがあります。おまとめローンによって、多重債務状態が解消されて、さまざまな負担が軽減されるでしょう。ただし、場合によっては金利が高くなることや追加で借入できないというデメリットもあります。特にデメリットについてよく理解して、賢くおまとめローンを活用しましょう。

監修者プロフィール : 恩田 雅之

恩田 雅之
  • ファイナンシャル・プランナー(CFP®)
  • 1959年 東京生まれ 専修大経営学部卒業後、16年間パソコン業界の営業の職業に携わる。その間に資産運用に興味を持ちAFPを取得。
    2004年3月にCFP®資格を取得後同年6月、札幌にて「オンダFP事務所」を開業。資産運用に関するセミナー、ブログやコラムの執筆や監修業務などを中心に活動中。
最新版カードローン人気総合ランキング

その他カードローン関連コラム

最新版カードローン人気総合ランキング

人気の特集
今日借りたい方必見!即日融資のカードローン
収入証明書不要のカードローン
家族や会社に内緒で借りたい!バレずに借りるカードローン
低金利&安心!銀行系カードローン
パート・アルバイト・派遣の方でも安心のカードローン
疑問&不安を解消!働く主婦向けカードローン
その他の特集
休日に借りられる
消費者金融系カードローン
無利息期間サービス有り
低金利のカードローン
お役立ち情報
カードローンのキホンを教えます!カードローン初めてガイド
早く借りれるノウハウを伝授!借入までの流れ
知っておけばもっと安心!よくある質問
カードローン関連コラム
マイナビニュースが選ぶカードローン人気総合ランキング