おまとめローンって何? 利用方法とメリットを解説

銀行店舗やネット・CMなどでおまとめローンはよく耳にする言葉です。ただ、なんとなくローンをまとめることぐらいは意味を理解していても、しっかりと内容を理解している人は少ないのではないでしょうか。実はこのおまとめローンには、複数のメリットが存在します。今回の記事では「おまとめローン」のメリットと共に、利用方法についても解説します。おまとめローンに興味はあるけれど利用方法が分からない人や、どんなものなのかを理解したい人は、今一度、この記事を読んでみてはいかがでしょうか。

おまとめローンの定義について

おまとめローンとは文字通り、複数のローンを一本化することを指します。たとえば、3社から借入があったとしても、おまとめローンを活用すれば1社にまとめることができるわけです。また、おまとめローンは法律に違反するようなグレーな方法ではなく、しっかりと国にも認められたローン商品です。そのため、複数のローン会社から借入のあるローンの支払いを合法的に一本化できるという機能、つまり、メリットを持っています。また、一本化するローンは複数の選択肢から選ぶことができるため、低金利のローンでしかも1本にまとめることが可能であり、これが基本的な利用方法となっています。

金利が低くなるということは、負担する毎月の返済額も安くなるということです。中でも銀行系のカードローンは、消費者金融系のローンと比べると返済額が安くなる傾向があり、おすすめのパターンといえます。それゆえに、消費者金融系のローンから銀行系のローンへ一本化する利用者もいます。さらに、おまとめローンは通常のローンよりも、借入できる金額が高いという特長もあります。このように、利用者の借入状況や使い方によっては、通常よりも負担を軽くできる形でローンを一本化できるのが「おまとめローン」です。

おまとめローンを利用するメリットとは?

おまとめローンについては複数のメリットが存在しますのでご紹介していきましょう。一番のメリットとしては、全体の金利を抑えることができるということです。通常は複数の会社から借入をしていた場合の金利は比較的に高くなりがちですが、おまとめローンなら一社に抑えられるため、ずばり安くなる傾向があります。一般的には、金利が最も安いといわれている銀行系のローンに一本化します。銀行系ローンの多くが「残高スライド方式」という返済額が安くなる方法を採用しているため、一本化したときの恩恵が大きいのです。これは、こうしたローンを上手に使えば、毎月の返済額を大きく減らせる可能性があることを意味しています。

たとえば、複数の会社の異なるローンを毎月ばらばらに返済するよりも、金利と返済を一本化した方が分かりやすく、しかも返済額も安く済むことは想像しやすいことでしょう。そもそも、ローン全体をコンパクトにして、合理的にまとめたものが「おまとめローン」といえます。また、金利や返済額だけでなく一本化するメリットはほかにもあります。複数の会社から異なるローンを借りていると返済日もばらばらになって、自分で管理することが難しくなるものです。おまとめローンならこれを1社に集約させるため、返済日そのものも一本化できます。つまり、複数存在した返済日も一本化できるため、返済自体の漏れを防ぐ効果もあるということです。

おまとめローンの利用方法

おまとめローンは複数の方法で利用が可能です。最も一般的な方法は、おまとめ専用ローンを扱っている会社の商品をWeb上で申し込むことです。場合によってはWebだけでなく、書類や電話で申し込める方法も存在します。これは、個々のローン会社によって対応が違いますので、気になるところがあれば調べてみると良いでしょう。ただ、一番簡単な方法はWebから申し込むパターンになります。いずれかの方法で申し込みをすれば、次は仮審査に進みます。ローン会社の本審査を無事に通過すれば、おまとめローンを利用できるようになるでしょう。

なお、すべての審査に通過した場合は、現在返済中の複数のローンをおまとめローンの金融機関が代わりに完済してくれます。つまり、ローンの審査を通過したあとは、一本化したおまとめローンの返済だけをすれば良いということになります。複数のローン会社に返済していたときと比べると、幾分精神的にも楽になるかもしれません。また、これまでは、おまとめ専用ローンの商品を扱っている会社の方法を紹介しました。これ以外にも、特にこうした専用商品を扱っていないカードローンでもおまとめローン的には利用可能です。

具体的には、現在利用中のカードローンよりも借入金利が低く、まとめられるだけの金額を借入することができれば「おまとめローン」として利用できるのです。この場合でもWebや電話などで申し込み、すべての審査を無事通過すれば契約することができます。その後は、ローン会社ではなく自分自身で複数ある借入先のローンを支払って完済します。従って、完済したあとは、おまとめローンとして利用したローン会社や金融機関に返済をしていけばいいのです。自分自身で借入先のローンを支払う手間はありますが、実質的にやっていることはおまとめ専用ローンを利用したときと同じといえます。

おまとめローンの利用条件

通常のローンを利用する場合にはさまざまな条件があります。おまとめローンももちろん、例外ではありません。細かい条件は各ローン会社や金融機関によっても異なってきますが、ここではどこの会社にも当てはまる一般的な条件を中心に見ていきます。最初に、最も基本的な条件となるのは、「安定収入がある」ということです。会社員として毎月安定的に収入を得ている場合は、この項目については心配ないでしょう。また、アルバイトなどの非正規社員であったとしても、長年安定した収入を得ている実績があるならば、審査を通過する可能性もあります。

次の条件としては成人していることです。年齢でいうと20歳(18歳ではない)以上の人になります。逆にいえば、20歳になっていないと、社会人として働いていたとしてもおまとめローンを利用できないことがあるのです。さらに、稀なケースですが、過去に自己破産などの債務整理を経験していないことも重要な条件です。自己破産などによる債務整理を経験していると信用情報にキズがつくため、おまとめローンを利用することは実に難しくなります。最後に、ローン返済の遅延が発生していないことも大きな条件です。特に複数のローン会社などを利用していると、ついつい支払日を忘れてしまい例え少額であっても遅延を起こしてしまうこともあります。このような些細な遅延の場合でも、審査のときはマイナスポイントになってしまいますので注意が必要です。

おまとめローンを利用できない場合とは?

客観的に見て、おまとめローンの利用が厳しいと考えられる場合も実は存在します。この条件も各金融機関によって細かい部分は異なってくるわけですが、一般的なパターンに沿って見ていきましょう。まず、もっともおまとめローンの利用ができない条件に当てはまるパターンとしては、「安定収入がない」ということです。たとえば、無職の人はもちろん、個人事業主やフリーランス(法人化の場合を除く)などの一般的に収入が不安定と考えられている人も審査では不利になるかもしれません。この部分は、他の諸条件も合わせて総合的に判断されるでしょう。したがって、個々の経済状況によっても幾分評価は変わってくると考えられます。

次に利用できない条件となるのは、未成年者です。この場合の未成年者とは具体的に、20歳(18歳ではない)未満の人を指します。さらに、過去5年以内に個人再生(民事再生)や自己破産などの債務整理を経験している人は、おまとめローン利用がとても難しくなります。似たようなパターンで、現在ローン返済が遅延している人も利用は難しいでしょう。このような経験をしていると信用情報にキズがつき、これらの情報が信用情報機関にブラックリストとして載せられてしまうからです。どうしても今後利用したい場合は、ある程度の年数が経過して信用情報が回復してから、再度申請してみるのもいでしょう。

また、そもそも抱えている債務総額がおまとめローンの利用可能額を超えている場合にも、利用することはできません。このような場合には、おまとめローンを利用しても、他の債務を返済することが不可能と判断されるからです。

おまとめローンの審査と通過条件について

他のローンと同じようにおまとめローンにも、いくつかの審査方法と通過条件が存在します。審査方法としては、信用情報機関(※複数存在する)の記録をもとに審査される場合と、金融機関独自のデータをもとに審査される場合があります。信用情報機関の記録とは、過去数年間のローン利用状況などが記載され、各ローン会社がいつでも閲覧できる状態のデータを指します。過去に返済の遅延や自己破産などのマイナス情報がない場合はいいのですが、そのような情報は審査において不利な要因になります。また、金融機関独自のデータを用いて審査する場合には、その機関や会社オリジナルの審査方法を設けていることが多いです。したがって、各金融機関や会社によって審査方法は異なってくるといえるでしょう。

通過条件として一般的によくいわれることは、信用情報機関に遅延や滞納、債務整理などの記載がないことです。つまり、過去にお金に関するトラブルがなく、クリーンな状態が有利になります。また、返済能力が高いと判断された場合にも、審査を通過する可能性は高くなります。例えば、ある程度の安定収入がある、もしくは、現在の収入に対して無理なくローンの返済できると判断された場合です。もちろん、これらの条件を満たせば絶対に審査を通過できるというわけではありませんが、可能性としては比較的高くなります。

※銀行等が利用する信用情報機関の一つとして(JICC)日本情報信用機構がある。
https://www.jicc.co.jp/

審査に通過できない理由とは?

しかしながら、どうしてもおまとめローンの審査に通過できないときには、いくつかの理由が考えられます。最も印象が悪いパターンとしては、収入や残債額などを嘘の金額で申請していた場合です。このようなことをしてしまうと相当信用できない人物と判断され、どこの金融機関でも審査に通ることは厳しいでしょう。また、過去の返済遅延などによって信用情報にキズが付いている場合にも、審査通過が難しくなります。信用情報機関がブラックリスト入りの人物として取り扱ってしまうからです。

さらに、ブラックリストには入っていなくても、過去に利用した金融機関で過払金請求などをした場合は注意が必要といえます。過払金請求などをおこなうと、その会社の社内審査ではじかれる可能性が高くなるからです。このような重い理由以外でも収入と返済の収支のバランスが悪く、返済能力がないと判断された場合も、当然ですが審査には通過できません。最後に、普段見落としがちな例としては、携帯電話などの端末を分割払いにしている場合の注意点があります。このことは以外にも盲点といえます。

分割払いであっても毎月料金を払っていれば問題はありませんが、支払いが遅れたときにはやはり信用情報機関に、未払いの情報が載せられることがあるのです。ところが、一旦情報が載せられてしまうと、自覚のないまま信用情報にキズがつくことになり、それが原因で審査に通過できなくなる可能性があります。つまり、このような問題が起きないように、端末の分割払いがある場合には油断せずにしっかりと毎月の料金を支払うことを意識しましょう。

おまとめローン利用時の注意点

おまとめローンは確かに便利で合理的なものですが、利用する上での注意点もいくつか存在します。最初にしっかりと理解しておかなければならない注意点としては、複数のローンをまとめるには「借入金額の多いカードローンを利用することが条件である」ということです。これは必須の条件ともなりますので、必ず利用する前には確認する必要があります。また、金額だけに注目してしまい、肝心の金利が高くならないように注意することも重要です。さらに、おまとめローンは厳しい審査を通過したとしても、希望の借入金額になるとは限りません。例えば、100万円の借入額を希望しても、50万円しか借りられないということもあります。希望額に届かない場合は、せっかくおまとめローンで借り換えたいのに必要額でのおまとめができないということです。

そのため、まとめることができない金額でしか借りられない場合は、無理に借りることはやめましょう。無理に借りてもメリットが薄い上に、借金を増やすだけになってしまうこともあるからです。そして、おまとめローンを早めに借りるかどうかを判断しないと遅延扱いになり、これが原因で審査が通らなくなることもあります。つまり、どのような判断をするにせよ、早めに結論を出すことも必要なのです。

自分に合った方法で有効活用しよう

このように、おまとめローンには色々な注意点もありますが、その特徴を理解して上手に使えば合理的で便利なものです。特に、2社以上の複数のローン会社から借入がある場合は、利用を検討してみる価値は充分にあるといえます。ただ、おまとめローンと一言でいっても、各金融機関やローン会社によっても扱うサービスはさまざまです。そのため、まずは自分に合ったおまとめローンを扱っている会社はどこなのかを把握する必要があります。借入可能額はもちろん、金利の条件もさまざまなものがあるでしょう。その中で、自分の借入状況にマッチングするようなものが見つかれば、実際におまとめローンとして利用できるかどうか調べてみると良いでしょう

そして、慎重に検証して問題なければ、利用のための審査に申し込んでみれば良いのです。いずれにせよ、なるべく自分にとって有利な条件で、しかも早めに利用できるようにすることが重要です。個々の借入状況によってはおまとめローンも上手に活用して、効率よく返済を終わらせましょう。

監修者プロフィール : 木村正人

木村正人
  • ファイナンシャル・プランナ- CFP®
  • GLGカウンシルメンバー
    FP1-オフイス21 代表 (エフピーワンオフイスニジュウイチ)
    ライフプラン&マネ-に関する相談・サポート
    日経セミナ-・企業などで講演の他、専門誌・FPコラムなどの執筆を行う
最新版カードローン人気総合ランキング

その他カードローン関連コラム

最新版カードローン人気総合ランキング

人気の特集
今日借りたい方必見!即日融資のカードローン
収入証明書不要のカードローン
家族や会社に内緒で借りたい!バレずに借りるカードローン
低金利&安心!銀行系カードローン
パート・アルバイト・派遣の方でも安心のカードローン
疑問&不安を解消!働く主婦向けカードローン
その他の特集
休日に借りられる
消費者金融系カードローン
無利息期間サービス有り
低金利のカードローン
お役立ち情報
カードローンのキホンを教えます!カードローン初めてガイド
早く借りれるノウハウを伝授!借入までの流れ
知っておけばもっと安心!よくある質問
カードローン関連コラム
マイナビニュースが選ぶカードローン人気総合ランキング