キャッシングにボーナス払いはあるの?返済方式を解説

突発的な出費や収入減などの理由により、お金に困ってしまうことがあります。もし、手持ちの現金が不足しているならば、気軽に利用できるキャッシングは便利です。しかし、キャッシングの利用で利息や返済総額が大きくなるのではないかと不安に思うことがあるでしょう。また、返済方式として、住宅ローンや自動車ローンなどのようにボーナス払いが使えるのか気になるかもしれません。そこで、キャッシングのお得な利用方法や返済方式、ボーナスの活用法などについて解説します。

ボーナス払いとは何か?

住宅ローンや自動車ローンなどでよく見られるのがボーナス払いという返済方式です。こちらの方法では、ボーナス時期に支給されたボーナスで借金の返済をします。ボーナス一括払いの場合は、ボーナス時期に1回でまとめて借金を返済します。また、ボーナス2回払いが用意されているケースもあり、こちらは夏と冬のボーナス時期にそれぞれ半額ずつ支払う方式です。ボーナスが支給される公務員や会社員だけではなく、自営業や派遣社員、アルバイトでもボーナス払いの利用が可能です。ボーナス一括払いでは手数料がないことが多く、2回払いになると手数料が発生するケースがあるため注意しましょう。

ボーナス払いのメリットは、支払いの時期を遅らせることができる点です。たとえば、1月に買い物をしたときにボーナス払いを選ぶと、その支払いは通常は会社員がボーナスを受け取る6月~8月になります。したがって、返済するまでにかなりの猶予が出てくるため、その間にお金を用意すれば返済が可能となります。ボーナスをもらえる人は受け取ったボーナスで支払い、ボーナス支給のない人は支払い時期までにお金を貯めて支払います。普通にお金を借りる場合よりも支払い総額を減らせるメリットもあります。

キャッシングの返済方式について

キャッシングを利用してお金を返済する際には、一括返済とリボ払いという2つの方式があります。どの業者を利用したとしても、基本的にこの2つの返済方式となります。お金を借りる際に返済方法を選べるため、事前にどちらにするのか決めておきましょう。注意点として、最初からどちらかの返済方式が設定されていることが多いです。キャッシングのカードを申し込むときに、一括返済とリボ払いのどちらにするか最初に選ぶ必要があるのです。この場合、後から自分で設定を変更しておかないと、一括返済で借りたつもりがリボ払いで借りてしまったというケースもあります。クレジットカードで買い物をするときには、ショッピング機能を使うと分割払いを選べるのですが、キャッシングにはそれがありません。また、キャッシングの返済方式には、ボーナス払いが存在しない点も覚えておきましょう。

キャッシングの一括返済とは何か?

キャッシングやカードローンの一括返済とは、一度に借金を全額返済することです。また、リボ払いをしている途中に、返済残高を繰り上げ返済することもできます。キャッシングの設定が一括返済になっているならば、お金を借りた次の返済日までに口座振替やネットバンキング送金、ATMでの現金返済といった方法で返済します。ほとんどのサービスではネット上で返済方式の設定が可能なため、一括返済にしたいならばあらかじめ変更しておきましょう。あるいは、業者に電話をかけて返済方式の変更を頼むこともできます。申込みのときに自覚なくリボ払いに設定しているケースもあります。自分で設定を変えない限り、最初に選んだ方式に固定されることが多いため注意しましょう。繰り上げ返済については、ATMで対応できるかどうか確認しましょう。たとえば、その業者のATMを用いて繰り上げ返済できる場合があります。もし、ATMを使えない場合は、一括返済の申請をする必要があります。

一括返済をするメリットは、利息を安く抑えられることです。キャッシングでは、借入期間が短く、借入金額が少ないほど利息が安くなります。キャッシングには枠が設定されているため、一括返済をすればすぐに枠が空くというメリットもあるのです。リボ払いでは、数カ月や数年かけて支払い続けることが多く、これは精神的な負担が大きくなります。一方、一括返済であれば、翌月で借金をすぐに完済できるため、気持ち的にも楽になるでしょう。なお、無理に一括返済をして生活費に苦しむと、再びお金を借りることになるため気をつけましょう。

キャッシングのリボ払いとは何か?

キャッシングのリボ払いとは、利用金額や件数に関係なく毎月ほぼ一定の金額を返済していく方式です。よく似ていると言われる分割払いは支払い金額を支払い回数で割って、毎月同じ金額を返済していく方式です。リボ払いには支払い回数という概念はなく、返済回数が確定していない点が分割払いとは異なります。キャッシングでは分割払いを利用できませんので、リボ払いとすると、毎月の支払い額を一定にでき、負担が少なくなるメリットがあります。毎月、いくら支払うことになるのか分かりやすく、返済計画が立てやすくなります。また、リボ払いは限度額の範囲内で繰り返し利用が可能です。

リボ払いには、定額リボルビング方式や定率リボルビング方式などの種類があります。一定の金額を毎月返済していくのが定額リボルビングであり、借入残高に対して割合を固定して毎月支払うのが定率リボルビング方式です。また、定額リボルビング方式には、さらに元利定額リボルビング方式や元金定額リボルビング方式などがあります。元利定額リボルビング方式は、元金と利息を合わせた支払い金額が毎月一定となります。一方、元金定額リボルビング方式は、元金が一定額であり、それに加えてその都度発生する利息を加えたものが毎月の支払い額となる方式です。どのリボ払いの方式を採用しているのかは、キャッシングやカードローンの種類により異なります。また、手続きの方法にも違いがあるため注意しましょう。

デメリットは、借入期間が長くなりやすい点です。どこかで繰り上げ返済をしてまとめて返してしまわないと、返済に数年かかるケースも多いです。借入期間が長引くとその分だけ利息が大きくなっていきます。借入金額が大きいのに毎月の返済額が少ないと、結果的に利息ばかり支払うことになります。そのため、リボ払いを利用する際には計画性を持つことが大切です。たとえば、ボーナスを利用して繰り上げ返済をするなどして借入期間を短くしていきましょう。

クレジットカードのボーナス払いについて

まず、クレジットカードにはショッピング機能とキャッシング機能の2つがあります。ショッピング機能は利用限度額内で買い物ができるものです。一方、キャッシング機能は利用限度額内で現金を借りることができるサービスです。利用限度額はショッピング枠のなかにキャッシング枠が含まれていることが多いです。この場合、キャッシングできる金額は、ショッピング枠の残りの金額のみとなります。ショッピング機能は、一括払いやリボ払い、ボーナス払いといった支払い方法があります。キャッシング機能では一括返済とリボ払いのみ対応しており、ボーナス払いを利用できないため注意しましょう。

ただし、キャッシング機能でも繰り上げ返済は可能なため、途中で余裕のあるときに一気に返済することはできます。最初にリボ払いを選択して、ボーナスの時期に返済残高をまとめて支払うのです。しかし、これではリボ払いの利息が発生するため、一括払いと比較すると利息が大きくなるデメリットがあります。ボーナスの支給日までに期間があると、その分借入期間が長くなってしまいます。

キャッシングの返済の仕方について

キャッシングの返済の仕方はさまざまです。ATM・自動契約機での現金返済は、端末にお金を投入して返済する方法です。自動契約機で返済すると手数料はかかりませんが、キャッシングをしていることが周りに知られてしまうかもしれません。ATMの場合は手数料がかかることが多いのですが、キャッシングの返済であることが分からないというメリットがあります。いずれの場合も明細が自宅に届くことはなく、家族には言わずに返済ができるでしょう。

ネットバンキング送金はネットバンクなどを利用して送金することで返済します。業者の指定している口座にネットから送金するため、誰にも知られないでしょう。ネットバンクであれば24時間振込の手続きができるため、忙しい人に適しています。また、普通の銀行から振込で返金することもできます。この場合、手数料がかかるケースが多いため注意しましょう。口座振替による返済も可能であり、毎月の返済日に自動的に引き落としとなります。この方法だと利用明細が自宅に届くことがありますが、Web明細に変更できれば、返済したとしても、明細が書類で自宅に届くことはないため安心できるでしょう。また、口座のお金が不足していれば滞納したことになります。キャッシングの滞納はブラックリストに入れられる可能性があり、リスクがかなり大きいため気をつけましょう。さらに店頭返済という方法があり、こちらは直接店頭で現金で返済をします。

ボーナスによる繰り上げ返済とは

キャッシングの借入残高は、ボーナスを使って繰り上げ返済することができます。毎月、少しずつ返済していき、ボーナスの入った月には普段よりも返済額を増やして返済するのです。より短期間で借金を完済できれば、利息が少なくなりトータルの返済額を抑えられます。リボ払いは毎月の返済額が少額なため、なかなか元金を減らせず利息が多くなりやすいです。ボーナスのようにまとまったお金が入ったときには、繰り上げ返済を活用しましょう。

繰り上げ返済の方法やルールはそれぞれの業者ごとに違っています。基本的にはATMや自動契約機に現金を入れて繰り上げ返済ができます。繰り上げ返済の注意点として、手元のお金が減りすぎないようにすることです。無理に繰り上げ返済をして家計が苦しくなると、また借金することになり本末転倒です。家計に影響のない範囲で返済しましょう。繰り上げ返済をしても返済が残るならば、翌月以降も一定額を返済していかなければいけません。翌月以降の返済に影響が出ないように、慎重に返済計画を立てましょう。

無利息期間を利用してボーナスで返済できる

消費者金融のなかには、無利息期間を設定しているところがあります。無利息期間とは、一定期間無利息でお金を借りられるというものです。たとえば、最初の30日間無利息期間となるならば、その間に返済してしまえば利息は一切かかりません。そのため、無利息期間内にボーナスが支給されるならば、それを利用して一括返済することで、無利息でキャッシングすることもできます。ただし、しっかりと無利息期間とボーナスの支給日、返済日を確認しておきましょう。また、無利息期間の条件はそれぞれの業者ごとに異なっているため、その点も注意しましょう。無利息期間が過ぎてしまうと、その時点の返済残高に対して利息がかかってしまいます。

無利息期間のある消費者金融について

消費者金融のなかで無利息期間を用意しているのはプロミスとプロミスレディース、アコムなどです。2019年3月現在、プロミスは30日間無利息サービスを提供していて、初回の出金の翌日から30日間まで無利息となります。対象者は、はじめての利用者でメールアドレス登録とWeb明細を利用することが条件となっています。もし、無利息期間内に追加の融資があった場合も、それについては無利息の対象となります。ただし、無利息期間が延長されるわけではありません。また、無利息期間内に完済して、再度利用した場合も無利息期間内であればその間は利息がかかりません。プロミスレディースの場合も、無利息サービスの利用条件はプロミスと同じです。ただし、プロミスレディースは女性限定のサービスになります。主婦・学生でもパートやアルバイトで安定した収入があれば申込み可能で、女性オペレーターが対応してくれるのもメリットの一つです。

アコムの場合は、30日間金利0円サービスを実施しており、対象者ははじめての契約で返済期日を35日ごとにした人です。さらに、無担保カードローンが対象となっており、契約した日の翌日から30日間金利がかかりません。アコムのクレジットや借り換えローンなどの契約は無利息期間の対象外となるため注意しましょう。

ボーナスを活用すればお得にキャッシングできる!

キャッシングに通常用意されている返済方式は一括返済とリボ払いであり、ボーナス払いを選ぶことができません。しかし、ボーナスを返済に充てるために繰り上げ返済や無利息期間を活用する方法があります。これならば、ボーナスを用いて一気に返済し、支払い総額や利息を抑えられます。これからお得にキャッシングしたいと思っている人は、ボーナスを活用することを考えてみましょう。

監修者プロフィール : 杉浦 詔子

杉浦 詔子
  • ファイナンシャルプランナー・産業カウンセラー・キャリアコンサルタント
  • 働く人たち(会社員・公務員・派遣社員・契約社員・アルバイト、働く人の配偶者、育児介護休職者、退職者、等)の夢や目標をかたちにするため、ライフプラン(家計)とキャリアプラン(生活)を中心に、相談(カウンセリング・プランニング)と講義(セミナー)と執筆(ライティング)を行っています。
最新版カードローン人気総合ランキング

その他カードローン関連コラム

最新版カードローン人気総合ランキング

人気の特集
今日借りたい方必見!即日融資のカードローン
収入証明書不要のカードローン
家族や会社に内緒で借りたい!バレずに借りるカードローン
低金利&安心!銀行系カードローン
パート・アルバイト・派遣の方でも安心のカードローン
疑問&不安を解消!働く主婦向けカードローン
その他の特集
休日に借りられる
消費者金融系カードローン
無利息期間サービス有り
低金利のカードローン
お役立ち情報
カードローンのキホンを教えます!カードローン初めてガイド
早く借りれるノウハウを伝授!借入までの流れ
知っておけばもっと安心!よくある質問
カードローン関連コラム
マイナビニュースが選ぶカードローン人気総合ランキング